日本初のオーナー投稿-直接コンタクト型ウェブサイト、Flateeをオープンします

Flatee

突然ですが、こんにちは。この度シェアハウスポータルサイトのFlateeを立ち上げました、あらいしゅんすけです。僕は高校時代を寮で過ごし、今はオーストラリアでシェアハウスに暮らしています。日本だろうが異国の地であろうが、家に帰ると誰かがいるという安心感は、他の何にも変えられない貴重なものです。

それから、風邪を引いたら、心配して薬を買ってきてくれたり、悩みがあればとりあえず家で一緒に飲んでくれたり。一緒に住んでいる誰かから助けられた数は、数え切れません。

 

みんなでよく遊びました。助けてもらいました。ありがとう。

ところで、オーストラリアでシェアハウスをする際は、自分でいくつかのウェブサイトに行って、自分で直接オーナーとコンタクトを交わし、見学して入居します。要は、現在の日本のようにエージェントや仲介会社を介さずに、個人と個人で納得して契約するシステムです。ちなみに、アメリカとアイルランドの学校に通う友人がいますが、どちらも似たようなシステムだそうです。

オーストラリアで僕が長く住んでた家。

オーストラリアで長く住んでた家。

個人同士で行うメリットは、自分の好きな物件を自分の好きなように選んで、納得いくように契約して住めること。そして仲介を通さないので余計な費用がかからないこと。住む前にオーナーと話して、互いの人間性がよく分かること、です。

Flateeは、「家に帰るとだれかがいるという安心感」と、その「心地よさをシェア」することを目的として、シェアハウスのオーナーと入居希望者を直接つなぐ日本初のウェブサービス。

I

みなさんのご利用、お待ちしています。

よくありそうな質問。

シェアハウスってテラスハウスみたいなの?

違います。それはクレヨンしんちゃんがお尻出して踊ってたから僕も路上でお尻出してみた、とか、イッテQでイモトがアマゾンに行ってたからアマゾンは誰でも安全に行けるとか、そういう類のものだと思います(笑)。普通の、家です。アパートメントとか、一軒家とかそういう種類の延長線です。ただし、コンセプトシェアハウスといって、なんらかの趣味や同じ目的を持った人が集まるハウスはあります。

 

個人契約って大丈夫なの?

シェアハウスで注意すべき契約形態については、オーナー様向けと居住希望者様向けに紹介しておりますので参考程度にご覧ください。当サイトはその契約内容について一切の責任を負いません。一人の学生の経験則としては、学生でも、異国の地で第二言語を使っても自分でグーグル翻訳を使って契約ができるわけです。今はまだメジャーではないですが、これがメジャーになると信じています。
なんで無料なの?

そもそもオーナーと借主が直接契約を交わすシステムであるため、最低限にコストを抑えることが可能です。今はとにかく、みなさんにシェアハウスの住みやすさや誰かと何かを共有する素晴らしさを知っていただければと思います。有料になったらごめんなさい、誰かサーバー代とかWi-Fi代とかコーヒー代をください、喜びます。

高校生です。上京する際にシェアハウスに住みたいです!

こんな人たちに、何かできたらな、と思います。シェアハウスは基本10000円から20000円ほどアパートより安いと言われています。また、万が一の時もみんなが助けてくれるので安心です。物件は必ず見学・オーナーと直接話すことをお勧めしていますので、不安な場合は上京する二週間から一ヶ月ほど前に、オーナーに連絡し、一度家族や友人と物件を見学すると良いかと思います。

 

Shunsuke Arai

日本大学法学部三年生。休学してオーストラリアへ。中学時代からランナーとして活躍。在学中に地域密着型のランニングチーム「スクーデリアランニングジャパン」を設立する傍ら、個人事業主としてIT、主にウェブ系の仕事を持つ。PHP, CSS,HTMLがちょっと分かる。ちょっと。英語と日本語が喋れる。

ご連絡は info◯flatee.com まで。

◯をアットマークに変えてメッセージをください。